22. Rush (2013) / ラッシュ/プライドと友情

『ラッシュ/プライドと友情』(ラッシュ プライドとゆうじょう、Rush)は、2013年のアメリカ合衆国・ドイツ合作の伝記アクション映画。1976年のF1世界選手権でのジェームス・ハントとニキ・ラウダのライバル関係を題材としている。ロン・ハワード監督、ピーター・モーガン脚本。クリス・ヘムズワースがハント、ダニエル・ブリュールがラウダを演じる。

 ・ youtube movie : Rush (2013) / ラッシュ/プライドと友情

 ・ amazon video : Rush (2013) / ラッシュ/プライドと友情

Rush (2013) / ラッシュ/プライドと友情のあらすじ

1970年代、毎年2人が事故で死亡するF1の世界で伝説となった2人のレーサーが存在した。
ジェームズ・ハント(クリス・ヘムズワース)は野性的思考であり、毎日を人生最期の日の様に謳歌する豪放なプレイボーイで、勘を活かした走りを得意としていたイギリス人。ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)は「コンピュータ」と評される論理的思考であり、レーサーのイメージとはかけ離れた勤勉な男で、工学の知識を活かして自らマシンを整備する走りを得意としていたオーストリア人。全く正反対の性格の2人はやがてライバル関係となり、度々レースで競い合う仲になる。

そして1976年― シーズン成績1位を独走するラウダとそれを追うハント。ドイツグランプリのその日は朝から豪雨でニュルブルクリンクサーキットの状態が悪かったため、レースを決行するべきかどうか審議が行われた。ラウダは中止を主張したが、ハントは決行を支持し、最終的に予定通り開催されることとなった。しかし、そのレースでラウダはクラッシュし、生死をさまよう重症を負ってしまう。ハントは彼のクラッシュの原因が自分にあると考えショックを受けるが、その後のラウダが参加できないレースでラウダとの差を埋めていく。一命は取り留めたラウダは、病院でその様子を見て奮起し、事故後わずか42日後にレースに復帰する。

関連記事

  1. 13. Edtv (1998) / エドtv

  2. 19. Frost/Nixon (2008) / フロスト×ニクソン

  3. 16. The Missing (2003) / ミッシング

  4. 07. Parenthood (1989) / バックマン家の人々

  5. 01. Grand Theft Auto (1977) / バニシングIN TURBO

  6. 12. Ransom (1996) / 身代金

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。