04. Cocoon (1985) / コクーン

『コクーン』(Cocoon)は1985年のアメリカ合衆国のSFファンタジー映画。第58回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞した他、アートを演じたドン・アメチーが助演男優賞を受賞している。1988年に続編の『コクーン2/遥かなる地球』が制作された。

 ・ amazon video : Cocoon (1985) / コクーン

04. Cocoon (1985) / コクーンのあらすじ

フロリダの老人ホームで余生を送るアート(ドン・アメチー)たち三人組の楽しみは、隣りの空き別荘に忍び込み、広い室内プールを無断借用することだった。しかし、その別荘は、ウォルター(ブライアン・デネヒー)と名乗る男とその仲間たちに借りられてしまった。
別荘を借りたウォルターたちは、クルーザーの船長ジャックを雇い、フジツボに覆われた大きな球体を次々と海中から引き揚げ始めた。不審がる船長ジャックに、自分たちの正体を明かすウォルターたち。彼らはアンタレス星から来た平和的な宇宙人だったのだ。ウォルターたちの目的は、はるか昔に地球に飛来し、海中の球体(コクーン=繭)の中で眠っている仲間を連れ帰ることだった。
アートたち三人組の老人は、別荘に忍び込むスリルが忘れられず、住人の留守を狙ってプールに侵入した。プールにはウォルターたちが海中から引き揚げた繭が沈められていた。そのプールで泳いだ結果、若者のように生気が蘇るアートたち。ウォルターたちは侵入者に気付いたが、穏やかで知的な彼らは、アートたちや船長ジャックと親しく親交を結ぶのだった。
老人ホームの他の住人たちは、夜遊びするアートたちの活力をいぶかった。それが隣家のプールの効能だと知り、大挙してプールに押し掛ける老人たち。だが、老人たちを活性化させたのは、繭の中の星人を回復させるエネルギーだったのだ。星人たちは衰弱し、不死のはずが死者まで出てしまった。
繭の中の星人たちは、もはや宇宙の旅に耐えられない。ウォルターたちは苦渋の決断で繭を海中に戻し、自分たちを回収しに来る宇宙船を待つことになった。謝罪するアートにウォルターは、共にアンタレス星に向かい、地球とは異なる文明を学ぶことを提案した。全てを捨てて宇宙船に乗り込めば、不死の未来が待っているのだ。そして翌日、地球に残る者と旅立つ者の、別れの時がやって来た。

関連記事

  1. 03. Splash (1984) / スプラッシュ

  2. 06. Willow (1988) / ウィロー

  3. 14. How the Grinch Stole Christmas (2000) / グリンチ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。